トレンドテイクオーバー

トレンドテイクオーバーとトレンドテイクオーバープラス


広告がトレンドに連動して表示されます

トレンドテイクオーバーについてご紹介します

トレンドテイクオーバーとトレンドテイクオーバープラスについて

トレンドテイクオーバーは、トレンドと連動して広告を表示します。トレンドテイクオーバープラスは、動画クリエイティブ要素を加え、没入感を高めます。トレンドテイクオーバーは、トレンドと連動し、会話の始まる場所である [話題を検索] タブにメッセージを表示します。Twitterのトレンドは、[話題を検索] タブ一か所に集まります。単に話題の一部になるだけでなく、トレンドテイクオーバーを活用し、話題の中心になりましょう。

これらの商品は、Twitterのトレンドリストや、モバイルの [話題を検索] タブの最上部に、広告を24時間にわたり独占的に掲載できます。Twitterの利用者が「いま」起きていることを見つける場であるトレンドは、出稿場所として大きなインパクトがあります。ホームタイムラインに表示される、メディアを駆使したコンパニオンツイートがトレンドの情報を補完します。トレンドとコンパニオンツイートが相まって、特定のトピック、商品やサービスの発表、またはイベントに関する認知度を高め、会話を促進します。

リサーチ

トレンドテイクオーバープラスを広告キャンペーンに追加すると、ファネル全体にわたるインパクトを醸成します

3倍

メッセージ想起率が向上

3倍

トレンドエンゲージメントが増加

9倍

好感度の指標が向上

出典: Nielsen Brand Effect Studies、2020年。13件のトレンドテイクオーバープラスを利用した米国の広告キャンペーンの調査。144件のスポットライトアクティベーションなしでの米国の広告キャンペーンの調査。EyeSee New Ad Product Research、2016年。

トレンドテイクオーバーの仕組み

トレンドテイクオーバーは、[話題を検索] タブの [おすすめ] セクションや、Twitter.comの [いまどうしてる?] モジュールの一番上か、または2番目のスロットに表示されます。利用者がプロモトレンドをクリックすると、検索結果の一番上にブランドのツイートが表示され、2番目以降にそのトレンドを取り巻く会話の通常のツイートがそのまま表示されます。トレンドは、ターゲティングする国で開始日の0時から翌日の0時までの24時間にわたって配信され、タイムラインテイクオーバーと組み合わせることで、より効果を高めることもできます。

それぞれのトレンドテイクオーバーにはハッシュタグ(半角20文字以内)、トレンドの説明(任意、半角70文字以内)、コンパニオンツイートの3つの要素が含まれています。トレンドはターゲティングする国のすべての利用者を対象に、開始日の0時から翌日の0時までの24時間にわたって配信されます。コンパニオンツイートは利用者のタイムラインに表示され、コミュニケーションの促進や、広告キャンペーンの伝播範囲および効果の最大化に貢献します。

トレンドテイクオーバープラスは、6秒間の動画、GIF画像、静止画に対応しています。クリエイティブはモバイル端末でもパソコンでも表示され、モバイル端末では画面の幅いっぱいに表示されます。利用者が[話題を検索] タブを表示すると、1日のうちの最初の2回はテイクオーバープラス広告が最上部に表示されます。3回目以降は、広告は通常のトレンドテイクオーバーの位置に移動し、オーガニックなおすすめツイートがテイクオーバープラスの場所に表示されます。

トレンドテイクオーバーを使うタイミング

トレンドテイクオーバーは、新しい商品やサービスの発表や、重要なイベントのプロモーションを大規模に実施する場合に適しています。トレンドテイクオーバーやトレンドテイクオーバープラスを利用して、最新ニュースをTwitterで配信することにより、商品の発表、アプリの公開、メッセージの伝達、または新たなプロモーションついて、幅広く認知度を高め、利用者の興味関心を引き、会話を促進できます。

認知度を最大限に高め、関係を構築し、文化的なイベントやスポーツイベント、祝日、国を挙げての記念日、または業界のニュースなど、当日にトレンドになることが事前に分かっているトピックに隣接する場所を確保できるトレンドテイクオーバーには、世界で「いま」起きていることとつながろうとしているブランドにとってもメリットがあります。

トレンドテイクオーバープラスは、魅力的で注意を引く動画により、広範なオーディエンスの認知度を最大限に高めます。例えば、新しいティーザー動画を公開する場合などに特に適しています。Twitterの内部データによると、トレンドテイクオーバープラス広告は、標準のトレンドテイクオーバー広告よりも3倍クリック率が高く、メッセージを伝えるのに最適な広告商品になっています。

主な特徴

  • 広告の一等地: 利用者が「いま」起きていることを見つける場所の中心に広告を配置できます。

  • 広告枠を独占: トレンドリストや [話題を検索] タブの最上部に24時間にわたって広告を掲載できます。トレンドテイクオーバーやトレンドテイクオーバープラスを実施できるのは、国ごとに1日あたり1クライアントに限定されます。

  • 広範囲のオーディエンスにリーチ: コンパニオンツイートがトピック、新しい商品やサービス、またはイベントに関する認知度を広範囲にわたって高めます。

  • カスタムハッシュタグや、タイムラインに一緒に掲載されるメディアツイートがブランドに関する会話を促進します。

  • 文化的イベントや祝日から、競合他社の新しい商品まで、当日トレンドになることが事前に分かっているトピックに隣接する場所を確保できます。

  • 事前予約可能 + 一律料金: トレンドテイクオーバーは計画と事前購入が簡単に行えるため、効率的なCPMを実現します。

クリエイティブのベストプラクティス

  • コンテンツの融合: 広告キャンペーンのハッシュタグをクリエイティブ素材(画像、動画、GIF画像など)に埋め込み、関連するツイートをプロフィールページの先頭に固定して、プロフィールページにアクセスした利用者にも同様にアピールします。

  • 話題性の維持: トレンドテイクオーバーやトレンドテイクオーバープラスがきっかけとなって生まれた会話やエンゲージメントを、翌日以降に同じハッシュタグを使用した別の広告キャンペーンを実施することでさらに拡大します。
  • オーディエンスの活用: 次回以降の広告キャンペーンにツイートにエンゲージメントした利用者のターゲティングを利用して、トレンドテイクオーバーやトレンドテイクオーバープラスに反応したり、見たりした利用者をリターゲティングすることで、有望なオーディエンスにアプローチできます。
  • シンプルさを心がける: ツイート本文とクリエイティブでは1つのトピックに焦点を合わせ、わかりやすくて興味をそそる内容にし、あからさまな表現は避けます。必要に応じてトレンドの説明を使い、より詳細な背景情報を提供しましょう。ハッシュタグやユーザー名にはそれぞれ独自のプレースメントが割り当てられるため、同じものを重複して使わないでください。
  • 視覚に訴える: 5~6秒の動画を使い、ループ再生が効果的に行われるようにします。また動画が最初に戻る前に、視聴者がロゴやコールトゥアクションを見ることができるように、十分なバッファ時間を確保しましょう。白い背景は使わずに、ロゴはフレームの左上か中央に配置します。画面の点滅や、過剰なテキストオーバーレイは避けましょう。
  • クリエイティブ差し替え機能を使って、トレンドテイクオーバープラスの実施日にクリエイティブを差し替えることができます。この機能により、メッセージを拡大したり、さらに詳細なストーリーを伝えたりするための柔軟性がもたらされます。

測定

トレンドのインプレッション数、@ツイート数、ツイートの表示回数、コンパニオンツイートのインプレッション数、エンゲージメント率、そしてプロモトレンドハッシュタグのインプレッション数およびクリック数など、トレンドテイクオーバーやトレンドテイクオーバープラスのデータを広告マネージャーで追跡できます。

さらにブランド効果調査機能を使って、ホームタイムラインや検索結果に表示される、プロモトレンドの「コンパニオンツイート」の要素を測定することもできます。

トレンドテイクオーバーについてご紹介します