最適化: アプリのインストール数またはアプリのリエンゲージメント数キャンペーン

アプリのインストール数またはアプリのリエンゲージメント数キャンペーンを最適化すると、モバイル端末を利用するオーディエンスを効率的にターゲティングし、アプリのインストールやエンゲージメントを増やすことができます。モバイル市場向けに最適化されたツイートを表示することで、ユーザーはタイムラインから直接アプリをインストールしたり起動したりできるようになります。

 

重要なヒント

  • 画像や動画に注目してもらう
  • リアルタイムのインテントデータと強力なターゲティング情報を活用する
  • モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)を設定する

 

 

動画を使ってアプリのプロモーション効果を高める

アプリカードを使ってツイートしましょう。アプリカードは、モバイル端末のユーザーに画像のプレビューやアプリ評価を表示して、タイムラインから直接アプリをインストールまたは起動できるようにする優れた広告形式です。

  • 画像と動画を組み合わせる: ビデオアプリカードにはアプリのプレビューを表示できるため、ユーザーがより多くの情報を得られるだけでなく、より適切なユーザー(訪問者)にリーチできます。ビデオアプリキャンペーンでは多くの場合入札額が高くなるため、入札単価を調整することをおすすめします。
  • テストを繰り返す: 広告キャンペーンあたり3~5個のクリエイティブから始めましょう。目を引く言葉を使い、ターゲットオーディエンスに合わせた魅力的な画像をデザインすることによって、興味関心を持つユーザーによるクリック数、インストール数、リエンゲージメントを増やすことができます。その後、予算的に効果の高いクリエイティブに絞り込んでください。
  • クリエイティブを更新する: Twitterの特徴は生き生きとした関連性の高いコンテンツです。広告クリエイティブもそのようなものにしましょう。クリエイティブを頻繁に新しくすることで、主要なオーディエンスが飽きないようにしてください。少なくとも2週間に1度新しくすることをおすすめします。
  • カスタムクリエイティブを活用する: Twitterオーディエンスプラットフォームで活用できるカスタムクリエイティブとして、GIF画像形式など、7種類の広告サイズが用意されています。できるだけ広い範囲で効果を出すため、すべての広告サイズを使うことをおすすめします。
 

目的を持ってターゲティングする

アプリのインストール数またはアプリのリエンゲージメント数キャンペーンのターゲティング設定では、他の広告キャンペーンの目的より細かい調整が必要です。 

  • テスト: 広告キャンペーンを初めて実施する際の目標は、ターゲティング・クリエイティブ・入札の組み合わせをいくつかテストして効果が高いのはどれかを調べることです。このことを理解して広告キャンペーンの計画を立てましょう。その後、範囲に焦点を当てます。
  • 計画: ターゲティングするセグメントおよびクリエイティブと入札額のさまざまな組み合わせを使って、広告キャンペーンの計画を拡張しましょう。TwitterとTwitterオーディエンスプラットフォームにおいて、端末(iOSやAndroid)や国ごとに複数の広告キャンペーンを作成することを目指してください。広告キャンペーンの重複によって効果が低下しないように、オーディエンスはできるだけ重ならないようにしてください。 
  • 効率: すでにアプリをインストールしているユーザーからなるテイラードオーディエンスを除外することで、顧客獲得キャンペーンの効率を最大限に高めましょう。 
 

アプリストアへのコンバージョンをトラッキングする

コンバージョントラッキングパートナーを利用すると、すべての広告キャンペーンのコンバージョンとアトリビューションをリアルタイムで分析できるようになります。ユーザーがTwitter広告にエンゲージメントしたり、アプリをインストールしたりすると、トラッキングパートナーとTwitterがリアルタイムでやり取りし、ユーザーによるインストールやその後のアクティビティにつながった広告を分析するため、価値の高いユーザーをどこから獲得できたかを正確に知ることができます。パートナーによるモバイルアプリコンバージョントラッキングを利用すると、以下のことができるようになります。

  • ROIに注力: 顧客生涯価値やパフォーマンスデータをよく理解し、傾向を読み取ることができます。
  • 顧客獲得のその先へ: どのように顧客獲得につながったかを分析し、ターゲットを絞ったリマーケティングキャンペーンを通じてリエンゲージメントを増やしましょう。
  • 全体像をつかむ: すべてのマーケティングチャネルで使った金額の効果を調べて比較しましょう。

アプリのMACTの設定方法はこちらです。

 

 

入札オプションにはどのようなものがありますか?

アプリのインストール数キャンペーンには、ROIをできるだけ高めるうえで役立ついくつかの入札オプションがあります。アプリのリエンゲージメント数キャンペーンに利用できるのはCPACのみです。広告キャンペーンを作った後、または下書きを保存した後は、入札タイプ(CPAC、OAB、CPI)を変更することはできませんのでご注意ください。

  • コストパーアプリクリック(CPAC)入札

– アプリクリックあたりの入札と課金。
– この入札オプションをオンにするために、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)は必要ありません。

アプリのクリック数とは、アプリストアに誘導した、または直接アプリに誘導したクリック数です。ユーザーがこの行動をとった場合にのみ課金されます。このビディングオプションでは、アプリのクリック数(および価値の高いアプリのクリック数)ができる限り多くなるよう最適化されます。1日あたりの平均CPCは、目標入札単価以下になります。広告キャンペーン期間中、目標入札単価の20%を超えて課金されることはありません。

  • 最適化されたアクション入札(OAB)

– アプリインストールあたりの入札、アプリクリックあたりの課金。 
– この入札オプションを有効にするには、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)が必要です。

OABはCPACと同様ですが、アプリクリックの代わりにアプリインストールあたりで入札を行います。アプリのクリック数のみに基づいて課金されますが、上限入札単価がインストールあたりの支払い上限額となります。このオプションでは、入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。

  • コストパーインストール(CPI)の入札

– アプリインストールあたりの入札と課金。
– この入札オプションを有効にするには、モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)が必要です。

CPIは、OABの考え方を一歩進めたもので、アプリのインストールに対して入札と課金を行います。Twitter広告からアプリがインストールされた場合にのみ支払いが発生します。このオプションでは、入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。

CPI入札の広告キャンペーンを行う際は、以下の点に注意してください。

  1. CPI入札の広告キャンペーンを作った後、予算を減らすことはできません。ただし、増やすことはできます。
  2. CPI入札では、Twitterの初期設定のアトリビューション期間(30日間)中の1日あたりのクリック数に基づいて支払いが行われます。
  3. Twitterはユーザーがアプリをインストールしたとき(表示したときではない)に対して課金を行うため、広告キャンペーンの一時停止後に課金額が増える場合があります。

 

 

アプリキャンペーンの予算が残っている場合

 

アプリキャンペーンが目標を達成していない場合

 

アプリのインストール数またはアプリのリエンゲージメント数キャンペーンのカスタムクリエイティブとは?

カスタムクリエイティブは、Twitterオーディエンスプラットフォーム(TAP)のみで機能する特定の広告クリエイティブです。独自のカスタムクリエイティブを作成してアップロードするか、広告キャンペーン作成フォームで [ネイティブ] を選択できます。TAPでプロモーションされるインプレッションがツイートと同じように表示されます。

始める準備はできましたか?