最適化: フォロワー数キャンペーン

フォロワーキャンペーンは、アカウントのプロモーションやオーディエンスの拡大に役立ちます。企業アカウントをフォローしているユーザーは、ツイートを見るだけでなく、その企業の商品やサービスを購入し、そのブランドを周りにすすめることがよくあります。

 

重要なヒント

 

 

フォロワー数キャンペーンの本文での推奨事項と避けるべきこと

効果的な広告キャンペーンを実施している広告主様のツイートを見てみると、フォロワー数キャンペーンに合わせた内容になっており、簡潔で明確なテキストのみで構成されています。

  • すべきこと: 「フォローする」をツイートに含める。
  • すべきこと: そのアカウントをフォローするメリットを伝える。
  • すべきこと: プロフィールの自己紹介をわかりやすく書き、あなたのビジネスを的確に表現する背景画像を使う。
  • してはならないこと: [フォローする] ボタンからユーザーの目をそらすような余分なリンクを追加しない。別のリンクや画像を追加しても、展開表示されません。
  • してはならないこと: [フォローする] ボタンからユーザーの目をそらすような過剰なハッシュタグを追加しない。

 

 

リーチにつながるターゲティング

  • 想像力を働かせてターゲットを選定します。ターゲティングパラメーターを選択する際、対象をあなたのビジネスと直接関係があるものに限定しないでください。オーディエンスが持ちそうなあらゆる興味関心を洗い出してみてください。たとえば、自転車販売店のターゲットオーディエンスとしては、サーフィン、セーリング、スキーなどを楽しむユーザーも考えられます。
  • 顧客セグメント別に広告キャンペーンを作ります。各セグメントの興味関心に合わせてターゲティングします。広告キャンペーン内容を顧客セグメントごとにカスタマイズすることで、入札も細かく管理できます。興味関心の種類ごとに広告キャンペーンを3~4件作成することをおすすめします。これによって、インプレッション数(広告の表示回数)、フォロー数、フォロー率を正確にモニタリングできるとともに、正確なデータに基づいて入札を微調整できます。
  • ユーザー名と興味関心を10~20個追加します。そして、それを関連するカテゴリー別に分類します(業界で強い影響力を持つアカウント、競合他社など)。Twitterのアカウント検索機能を使うと、追加するユーザー名を効果的に検索できます。
  • フォロワーが似ているアカウントをターゲティングします。フォロワーはあなたのビジネスのアカウントに興味関心を持っています。そのため、フォロワーと似ているアカウントをターゲティングすると、最も高いフォロー率と最も低いCPF(コストパーフォロー)を達成できる可能性があります。

 

 

フォロワー数キャンペーンのどこにインプレッション数が表示されますか?

フォロワー数キャンペーンでは、ホームタイムライン、検索結果、「おすすめユーザー」セクションなどにあなたのビジネスのアカウントのフォローをすすめる広告が表示されます。フォロワー数キャンペーンを実施するためにツイートは必ずしも必要ではありません。広告キャンペーンにツイートを含めなくても、ツイート以外のセクション(「おすすめユーザー」など)に広告を表示できるからです。

ただし、フォロワーになってくれそうなユーザーにブランドのことをもっと深く知ってもらうためにも、ツイートを併せて活用することをおすすめします。ユーザーにあなたのビジネスのアカウントをフォローするメリットを伝えるツイートを作成するか、既存のツイートを選ぶことができます。ツイートを活用することでフォロワー数キャンペーンのリーチが広がります。フォロワー数キャンペーンを実施する場合には、利用できる機能をなるべく活用してリーチを最大限に広げましょう。

 

 

トップレベルのデータが各行の合計値に一致しないのはなぜですか?

フォロワー数キャンペーンを実施する際には、タイムライン内のツイートとしてアカウントを表示できますが、ツイートを使わずに [おすすめユーザー] サイドバーに表示することもできます。広告マネージャーではツイート以外の広告掲載枠を表示するスペースがないため、広告キャンペーン全体または広告グループレベルでの料金が広告レベルの料金よりも高額になる場合があります。これは、広告レベルの料金にはツイート(およびインプレッションなど)の広告料金しか含まれないためです。記載されていないインプレッションや料金は、ユーザーの [おすすめユーザー] で表示されたものです。

始める準備はできましたか?