リーチキャンペーンを作成する

リーチキャンペーンでは、可能な限り多くの人に広告を見てもらいブランドの認知度を上げます。ツイートインプレッションに対してのみ課金されますが、人々はツイートを発見後にフォローやリツイートのほか、ウェブサイトを訪問する可能性もあります。

この広告キャンペーンは、以前はブランド認知度の向上キャンペーンという名称でした。

 

リーチキャンペーンの設定

  1. Twitter広告アカウントにログインします
  2. 広告マネージャーの右上にある [キャンペーンを作成] をクリックします。
  3. 広告キャンペーン目的の一覧から [リーチ] を選択します。
  4. [詳細] タブに広告キャンペーン設定フォームが表示されます。ここでは、広告キャンペーンの名前の指定、お支払い方法の選択、広告キャンペーンの期間と予算の設定を行うことができます。
  5. 最初の広告グループを設定します。広告グループの開始時間と終了時間を設定することも可能です。
  6. 広告キャンペーンで使う入札タイプを選択します。 
    • 自動入札: 最小限の費用(予算内)で最高の結果が得られるように入札額が最適化されます。自動入札は、すばやく簡単に広告キャンペーンを実施してプラットフォームでインプレッションを得るのに適した方法です。
    • 目標コスト: ツイートのインプレッション1、000件あたりに支払う入札額を指定できます。設定すると、その目標額を下回ることなく1日あたりの平均額が達成されるように広告キャンペーンの入札額が自動で最適化されます。広告主様は、1日に発生した1、000件のインプレッションについて実際の平均コストを支払います。1日の途中で入札額を変更した場合、最も高い目標コストに合わせて平均額が達成されます。
  7. キャンペーンの最適化オプションを次の2つから選びます。
    • 最大リーチ: このオプションでは、キャンペーンのユニークリーチを最大限に広げます。(ターゲティングパラメータ内で)できる限り広範囲のオーディエンスにリーチしたい場合は、このオプションを選びます。
    • エンゲージメントを伴うリーチ: このオプションでは、エンゲージメント率を維持しつつ、キャンペーンのリーチを最大限に広げます。
  8. [ターゲティング] タブで、広告を表示するオーディエンスを選択します。ターゲティングオプションの詳細は、こちらをご覧ください。
  9. キャンペーンで使うツイートを選択します。この手順では、ツイートを表示するTwitter上の場所をカスタマイズすることもできます。
  10. [レビューして完了] タブで最終的なキャンペーン設定を確認します。広告キャンペーンに広告グループを追加する場合は、ここで追加できます。
  11. リーチキャンペーンを開始します。
 

リーチキャンペーンの配信

 

リーチキャンペーンのツイートは、次の場所に表示されます。

  • ホームタイムライン: プロモーションされているツイートが特定のユーザーに関連する場合、そのユーザーのタイムラインにリーチキャンペーンが表示されることがあります。
  • プロフィールとツイートの詳細ページ: ターゲティングしているユーザーがTwitterプロフィールやツイートの詳細ページに移動した場合、インプレッションが表示されることがあります。
  • twitter.comの関連する検索結果ページの上部: 広告パートナーのリーチキャンペーンは、Twitter.comの一部の検索結果ページの上部に表示されるほか、選ばれたエコシステムパートナーを通じてユーザーに表示されます。

最初の2つのオプションは、リーチキャンペーンで必ず表示される場所です。一方、検索結果にツイートを表示するかどうかはカスタマイズできます。 

 

結果を確認する

結果を確認するには広告マネージャーに移動します。右上で日付範囲を絞り込むと、ご利用金額の合計結果(1、000件のインプレッション)、結果あたりのコスト(インプレッション1、000件あたりのコスト)、結果レートなどの主なデータが表示されます。

インプレッションは、twitter.comでユーザーに広告が表示された回数です。

 

よくある質問

リーチキャンペーンを使用する理由を教えてください。

リーチキャンペーンの目的は、ツイートのユニークリーチを最大限に広げることです。この広告キャンペーンは、インプレッションあたりのコストを管理しながら、幅広いオーディエンスに対してブランドの全体的な認知度を向上させるのに最適な方法です。ユニークリーチのみを最適化するか、エンゲージメントを伴うリーチを最適化するかを選択できます。また、この広告キャンペーンにはターゲティングやクリエイティブの制限はありません。 

リーチキャンペーンを使用するタイミングを教えてください。

リーチキャンペーンではツイートインプレッションに対してのみ課金されますが、Twitter上で注目が集まるので、フォロワー、ウェブサイトの訪問、いいね、リツイートが増える可能性があります。このため、「常時オン」のTwitterソリューションとして、または目標が限定的でない場合の最初の広告キャンペーンとして、リーチキャンペーンをおすすめします。全体的なブランド認知度を向上させたい場合は、この目的を選びます。

主な成功指標がエンゲージメント数 または 動画の再生数の場合は、その目的に合った広告キャンペーンを実施することをおすすめします。

リーチキャンペーンで使えるツイートの種類を教えてください。

リーチの目的で使えるツイートの種類に技術的な制限はありません。ただし、動画クリエイティブを使ってリーチキャンペーンを行うと、動画の再生数キャンペーンよりも動画が視聴される確率が下がる可能性があります。利用できるすべてのツイートの種類は、Twitter広告で使える各クリエイティブの特徴のページをご覧ください。

使うツイートの種類にかかわらず、この広告キャンペーンの目的ではツイートのインプレッション1、000件あたりに対してのみ課金されます。

広告主様とそのプロモツイートの内容はすべて、Twitter広告ポリシーに準拠している必要があります。

リーチキャンペーンにかかるコストを教えてください。

Twitterの顧客獲得単価についての価格設定では、広告キャンペーンで促進したい特定のアクションについてのみ支払いが発生します。

リーチキャンペーンの場合は、獲得したツイートのインプレッション1、000件あたりに対してのみ課金されます。これらのインプレッションの結果として発生したツイートのエンゲージメントは無料となります。

ツイートのインプレッション1、000件あたりに支払うコストは、広告キャンペーンで設定した予算と入札額、選択したターゲティングによって決まります。広告キャンペーン設定には、ターゲティングに基づいてリアルタイムの入札ガイダンスが表示されます。Twitter広告の料金の詳細は、こちらをご覧ください。

詳細

リーチキャンペーンを設定するとき、入札タイプとして自動入札か目標コストを選択できます。目標入札単価では、目標のインプレッション1、000件あたりのコストを達成しながら、ターゲティング条件に当てはまるアカウントからのインプレッション1、000件に対し入札できるようになるためおすすめです。広告キャンペーンを設定して入札額を入力するときは、目標入札単価をインプレッション1、000件あたりに支払ってもよい金額と考えてください。

ツイートのインプレッション1、000件があなたのビジネスとブランド認知度にもたらす価値を十分に検討してください。広告キャンペーンの目的を達成するために必要となる金額を入札額に設定するのがおすすめです。入札額を超える金額が請求されることはありません。また通常、支払う料金は入札額より少なくなります。ただし、他の広告主と比べて入札額が低いと、自社の広告キャンペーンが表示されないこともあります。

アクションごとに支払うビディング額の管理だけでなく、キャンペーンの総予算の管理もできます。入札額を設定したら、広告キャンペーンの総予算とオプションの日別予算を入力するよう促すメッセージが表示されます。指定した総予算に到達すると、予算を増額するまで広告キャンペーンは停止します。指定した日別予算に到達すると、次の日になるまで広告キャンペーンは停止します。 

 

 

その他の関連記事

始める準備はできましたか?