ダイレクトメッセージ

ウェルカムメッセージでお客様に挨拶する

ウェルカムメッセージを使うと、利用者とダイレクトメッセージの会話やチャットボットのやり取りを始めるときに、利用者に挨拶することができます。利用者が最初に目にするのがウェルカムメッセージです。この機会を活用して、ブランドイメージを伝えたり、提供しているサービスへの取り組みを紹介したり、利用者が期待できることを説明したりできます。 

さまざまなエントリポイントや目的に合わせて複数のウェルカムメッセージを用意できます。広告キャンペーンなどのダイレクトメッセージカードやツイート、ウェブサイト、またはアプリ内のダイレクトメッセージ用のディープリンクでウェルカムメッセージを利用することで、プライベートな会話をシームレスに始められるように準備できます。デフォルトのウェルカムメッセージを設定して、プロフィールなどから通常のダイレクトメッセージを始める利用者に挨拶文を表示するようにしたり、ダイレクトメッセージカードやディープリンク専用のウェルカムメッセージを作ったりすることができます。

 

概要

 

ウェルカムメッセージに画像、GIF画像、動画を追加できますか?

はい。普通のメッセージと同じように、メディアやリンクを追加できます。ただし、APIを使う必要があります。企業向けの設定ページでデフォルトのウェルカムメッセージを設定する場合は、テキストの入力しかできません。

 

どのように機能しますか?

デフォルトのウェルカムメッセージは、TwitterダイレクトメッセージAPIを使って設定できます。 

ディープリンクを介して表示するウェルカムメッセージを指定するには、適切なウェルカムメッセージIDを指定したリンクパラメータをダイレクトメッセージ用のディープリンクダイレクトメッセージボタンに追加します(welcome_message_id=)。ウェルカムメッセージIDは、ウェルカムメッセージAPIを使って入手できます。

ウェルカムメッセージとクイック返信を使うと、利用者がチャットボットとのやり取りをすぐに始めたり、サポートスタッフがメッセージを読む前に、利用者が案内に応じて問題解決に必要な情報を提供したりすることで、解決までの時間と手間を大幅に削減したりできます。

 

ウェルカムメッセージの文字数制限はどうなっていますか?

ウェルカムメッセージの長さは10、000文字までですが、文字数は少ないほど理想的です。利用者が画面上(モバイル端末やブラウザ)で読みやすいメッセージを送信することを心がけましょう。

 

デフォルトのウェルカムメッセージの表示頻度を7日以外に変更できますか?

申し訳ございませんが、デフォルトのウェルカムメッセージの表示頻度は変更できません。ただし、デフォルトのウェルカムメッセージを利用者に表示する場合は、そのウェルカムメッセージをリンクパラメータに指定した、ダイレクトメッセージ用のディープリンクを相手に送信することで、いつでもウェルカムメッセージを表示できます。

 

ウェルカムメッセージAPIを利用するにはどうすればよいですか?

Twitter開発者ならどなたでもウェルカムメッセージAPIを利用できます。

 

Twitter広告を利用する