フリークエンシー上限

概要

Twitterのフリークエンシー上限で広告配信を最適化し、ターゲットオーディエンスへのリーチを、適切な露出レベルで最大化できます。ブランドリフトや、オフラインセールスへの効果など、目的が何であれ、フリークエンシー上限によって長期間にわたりインプレッションの配信やオーディエンスのリーチをより詳細にコントロールすることで、効率的に事業成果を出せるように広告キャンペーンを最適化できます。

広告グループのリーチ、エンゲージメント、動画の再生数、プレロール再生数の各目的において、フリークエンシー上限を全世界で利用できるようになりました。

 

フリークエンシー上限を使うべき理由

  • 広告配信をより詳細にコントロ-ルできる: フリークエンシー上限により、広告キャンペーン期間全体にわたり、利用者に広告を配信する回数をコントロールできます
  • オーディエンスリーチを最大化できる: フリークエンシー上限でインプレッションを新しいオーディエンスに再配信することで、リーチを最大化できます
  • 広告キャンペーンの成果を高められる: フリークエンシー上限でメディア配信をより詳細にコントロールできるようになるため、最も重視する成果をさらに最適化できます
 

データに基づくベストプラクティス

  • 週ごとの広告配信の頻度は、アッパーファネルのブランドデータの向上に影響を及ぼします。TTwitterの調査では、広告キャンペーンが広告想起やブランド認知に及ぼす潜在的影響全体の最大80%は、週ごとの広告配信のうちの最初の2回で発生していることが明らかになりました。

  • ファネルの下層に向かうほど、ブランドリフトを向上させるため、広告配信の頻度を若干高める必要があります。この関係性はTwitterによる広告キャンペーン認知に関する分析で明らかになっています。この分析では、ファネルの下層に向かうほど、潜在的影響全体の80%を達成するには、週ごとの広告配信をより多く行う必要があることが示されています。

  • 週ごとの配信の頻度を高めれば、さらに高い値を達成することができますが、広告配信の回数が増えるほど、その効果は最初のインプレッションよりも劣るものになっていきます。広告キャンペーンの予算があらかじめ決まっている場合、1週間の広告配信の頻度を高めるには、オーディエンスリーチの規模をトレードオフすることになります。

  • Twitter広告キャンペーンの長さは、アッパーファネルのブランドデータを向上させる上で重要となります。1週間に広告を4回配信する広告キャンペーンを4週間未満実施する場合と、4~12週間にわたって実施する場合を比較すると、後者は広告想起率が5%、ブランド認知度が18%、広告キャンペーン認知度が14%向上します。

出典: 2019年1月から2020年5月の期間に開始された米国のTwitter広告キャンペーンを対象に、301回実施されたNielsen Brand Effectによるすべての調査のメタ分析。

 

よくある質問

どのような要素をコントロールできますか?

広告グループごとに、24時間、7日間、または30日間にわたる利用者1人あたりの配信インプレッション数の上限を設けることができます。(たとえば、7日ごとに最大2インプレッションなど)

フリークエンシー上限を設定するにはどうすればよいですか?

フリークエンシー上限は、広告グループごとに設定します。設定は広告キャンペーンフォームや広告エディターから行うか、広告APIを介して行います。

 

#アドバイス:

フリークエンシー上限は、広告キャンペーンのペーシングや結果(CPMやCPVなど)あたりのコストに影響を及ぼす場合があります。これは上限を設定することで、オークションで入札できるインプレッション数が制限されるためです。こうした事象が確認された場合、広告キャンペーンの実施期間の延長や、ターゲットオーディエンスの定義の拡大、入札額の増額や上限設定の調整を検討しましょう。

 

詳細はTwitterの営業担当にお問い合わせください。

始めましょう